アミカ化粧品・コラーゲンについて

アミカ化粧品・コラーゲンについて

「アテロコラーゲン」という若い肌に多く含まれる可溶性コラーゲンを配合しているのが、アミカ化粧品のDr.Shine集中ケアマスクです。
この「アテロコラーゲン」は独自のノウハウにより、コラーゲンのらせん構造を壊すことなく本来の機能を保ったまま配合されているので、まさに”生きたまま”のコラーゲンを配合していると言えます。
コラーゲン入り化粧品は数多くありますが、学術的な意味でも本当にコラーゲンを配合した化粧品は、アミカ化粧品のDr.Shine集中ケアマスクだけです。
アミカ化粧品の開発母体である株式会社高研はアテロコラーゲンの配合特許および仕様特許を取得しています。

コラーゲンは、人をはじめ動物に含まれるタンパク質の一種で、血管、腱、骨、そして、とくに皮膚に最も多く含まれています。 長いポリペプチド鎖3本がらせん状に組み合わさった、分子量約30万の非常に大きなタンパク質分子です。
コラーゲンは拒絶反応が起こりにくいことから、創傷カバー材や止血剤、縫合糸などの医療現場で使用されています。また、再生医療の現場ではシートとして火傷や擦り傷の手術に利用されています。

ヒトの肌に近いコラーゲンを配合

一般に化粧品などに使われるコラーゲンにはサメ由来のものと豚由来のものがありますが、水中で活動するサメ由来のコラーゲンが安定に存在するのは20℃前後とされており、人の体温での利用には向きません。それに対し、同じ哺乳類であるブタ由来のコラーゲンは人の体温でも安定に存在するために、コラーゲン本来の機能を生かすために、Dr. Shineのアテロコラーゲンはブタ由来のコラーゲンを使用しています。

Dr.Shineのアテロコラーゲンは、「と畜場法第10条」に基づく検査に適合した健康な食用のブタの皮から精製したものを使用しています。